12月17日開催 MUNICS BANK 東京フォーラムに行ってみた〜♪

12月17日に開催された MUNICS 東京国際フォーラムに参加してきました!!

会場内は写真撮影、電子機器類の持ち込みはNGだったため、写真などはありませんが直接耳で聞いてきたことを備忘録として買いていこうと思います。

会場に参加できなかった方は是非参考にしてみてください〜

 

MUNICS東京セミナーメモ

  • 開催日 2019/12/17
  • 9:40〜12:00  14:30〜17:20
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ1階会場
  • シェラトン公式サイト

 

MUNICSはFRBを目指す。そしてデジタル経済の覇者になる。

 

 

【CEN YING氏】
MUNICS日本担当

  • ブロックチェーン1.0:BTC
  • ブロックチェーン2.0:ETH
  • ブロックチェーン3.0:DAPP

日本の事業所を開設予定(社長1名、役員4名) CEN YING氏本人も2020年から日本常駐予定。

 

【NEO氏】
Young entrepreneurship mentor

・耳听为虚,眼见为实

目で見たものこそ真実であり、
耳で聞いたものは当てにならない

耳で聞くだけなのと
実際に目で見るのとでは
全然違う。

ネット上はデマや詐欺も多く
当てにならないし、判断を迷い
妨害されることも多い。

自分の目でオフィスや現場を視察して
周りにもみてもらってください。

 

結果は人を裏切らない

投資には理性的行動と合理的配置が必要欲張らず淡々とこなす。

 

【Liang Kaien氏】
Munics chief strategic management trainer

インターネットは人々の暮らしを根本から変えた。ブロックチェーンはインターネット以上の変革をもたらす。

信頼関係の構築
家族、宗教、制度、機会

お金儲け誰と一緒にやるか

AIの時代
みんなスマホ持っているように
将来はみんなロボット持つ時代へ

MUNICSは世界最大のデジタルプラットフォームを目指す。

大きなチャンスははじめにある先行者利益の重要性

  • 人材育成
  • 12000人のスピーカーを育成する
  • 地大貢献演説団
  • 日本は500人の育成目標

 

【Dato Decker氏】
Global International Bank Interest Rate

国際的な銀行金利とMUNICS配当率との比較

報酬体系とシミュレーション説明

 

【Wu JI氏】
Munics Investment Speach Coach

暗号通貨市場の状況説明、業界動向

MUNICSの戦略と使命

プラットフォーム中のプラットフォームを目指す。

他のプロジェクトと競合するのではなく、
協力や支援を行っていく。

お金を持っている消費者を増やしたい(大商業戦略)

イベントのポイント
  • Municsは世界500位の会社を目指す
  • 株の上場先は香港のメインボードを目指している模様(目標)その先、ニューヨーク証券取引所も視野に入れている
  • 来年の1月に宇宙ロケットを打ち上げるらしい
  • Municsの演説家(スピーカー?)を日本で500名育てる
  • 香港のアジアテレビを買収(香港で一番古い放送局)
  • テレビとロケットは、大ブランド戦略の一環らしく、Municsの知名度を向上させるために行う予定
  • Munics主席演説家の梁 凱恩氏は中国で有名な演説家で、孫正義やウォーレンバフェットなどとも交流がある
  • そのつながりを生かして、アマゾンやソフトバンクなどとも繋いでいきたいとスクリーンに表示されていた

実際に会場に足を運んで感じたこと

こちらに紹介している内容は、あくまで管理人が耳で聞き取ったメモを記載しているものであり、私が個人的に備忘録として書き留めているものです。

よって、こちらの文章を読むだけでは??

ん? いまいちMUNICSのことがよくわからない・・・・ということににもなるかもしれませんが、、

管理人がこれまで いっぱい聞いて、いっぱい話して、いっぱい体で感じてきましたが、、、

やっぱりMUNICS BANKは期待を裏切らずに、かなりやばい・・・って感じですね。

 

もちろん凄いいい意味でです。

 

巷には出金停止が相次ぐHYIP案件の中、MUNICS(YOUBANK)だけが本物として残っている状況です。

恐らくこの記事を読んでいるあなたも、それは感じているはずです。

 

ネット上にある情報だけでは何も伝わりませんし、その熱意は伝わらないと思います。

次回このようなイベントが開催される時には、是非足を運んで本物のMUNICSを体感されることをお勧めいたします!!